相談事例

不動産相続

不動産相続のためには、法務局・市役所での不動産調査や登記簿等各資料の読取が必要となります。不動産調査・登記簿等の読取には、高度な専門知識が要求され、見落としがあると後々困ったことになることもあります。 誰が相続するかの内容の決定には、無駄な納税が発生しないように税理士へ相談する必要があることもあります。

また、遺産分割協議書には相続人全員が実印を押印する必要があることが多く、各相続人とのやり取り・ 説明はなかなかスムーズにいかないこともあります。 

やらなければいけないこと

  • 相続人確定のための戸籍収集

  • 法務局・市役所での不動産調査・登記簿等の調査 

  • だれが不動産を相続するかの決定

  • 調査・決定の内容に合わせた書類作成

  • 相続人全員の書類への実印押印のためのやり取り 

  • 法務局への登記申請 etc.

ここが大変!

  • 調査・判断に専門的な知識が必要なことが多くあります

  • 手続内容確定のために色々な所へ何度も出向く必要があります。

  • 相続人全員とのやりとり・説明対応が必要となります。 etc.

つむぎ事務所に

おまかせください

  • 法務局・市役所での不動産調査・登記簿の読取のすべてをつむぎ事務所でおこないます。
     

  • 一度も法務局へ出向く必要はありません。
     

  • 相続内容の決定にあたっては、必要に応じて税理士等専門家へ確認しながら最適な提案をします。
     

  • 状況に応じて、必要書類等の提出・受取から各相続人への捺印書類の整理・案内まですべてつむぎ事務所がおこないます。
     

  • 各相続人への遺産分割協議書の案内・説明もつむぎ事務所から直接できますので、話合いもスムーズにすすめていただけます。 etc.