pixta_1357198_S.jpg

相談事例

相続不動産の売却

昨今、空家問題も取沙汰されており、相続不動産売却については、さまざまな制度が関係するようになっています。 相続をした不動産の売却のためには、売却・関係税務の確認、最適な方針に合わせた相続内容の決定・各種手続きが必要となります。
不動産価格については不動産業者、関係税務の確認は税理士、不動産・相続関係の調査・登記手続きは司法書士が担当します。スムーズに売却をすすめるためには、各専門家が連携する必要があります。

やらなければいけないこと

  • 不動産・相続関係の調査

  • 不動産査定価格の調査

  • 売却時の税制確認

  • 各種税制等をふまえた相続内容の決定

  • 決定した内容に合わせた不動産相続・売却手続き etc.

ここが大変!

  • 不動産の価格については、色々な考え方がありますので、いろんな方の意見を聴く必要があります。

  • 各専門家からの情報を整理・調整する必要があり、専門的な判断が必要となります。

  • 空家問題の関係などにより、不動産を相続すると思わぬ負担が発生することもあります。

  • 不動産相続・売却にはたくさんの税制があり、知らないと損をすることもあります。etc.

つむぎ事務所に

おまかせください

  • つむぎ事務所が窓口となって、各専門家の調整・資料の調整等をおこないます。
     

  • 提携不動産業者・税理士による無料相談の機会をもうけることができます。
     

  • ご希望に応じて、複数の不動産業者・税理士の話を聴く機会をもうけることができます。
     

  • 決定した内容にそった、相続手続きをおこないます。 etc.