相談事例

生前贈与・遺言

増加傾向にある相続による争いごとをさけるためには、生前の準備が大切です。 生前贈与、遺言書の作成、どういった手続きによれば想いを実現できるかは、相続関係・財産の状況・考え方により、判断が異なります。

生前対策をきちんとしておくことにより、争いごとを回避できたり、相続税額を低く抑えたり、さまざまな効果が実現できますが、その検討・判断には専門的な知識が必要となります。

やらなければいけないこと

  • 想いを整理するための情報収集・専門知識の理解

  • 保有する財産の把握

  • 想定される相続関係の把握

  • 想定される相続税額の把握

  • 必要に応じた親族・関係者との調整 etc.

ここが大変!

  • 様々な角度からの検討が必要なため、どこから手を付ければいいのかわかりにくい。

  • 想いを実現するためには、広い分野に渡る専門知識が必要です。

  • 遺言内容の判断ミスは、取り返しがつかないこともあります。 etc.

つむぎ事務所に

おまかせください

  • 想い・心配事を丁寧に聴取して法的に整理します。
     

  • 必要な情報を収集・調査・説明・案内します。
     

  • 聴取、調査をふまえて、パターンに応じたいくつかの提案をおこないます。
     

  • 各関係者への説明・調整・案内をサポートします。